用途万能なカタログギフト

用途万能なカタログギフト

ギフトショップで働いて、カタログギフトを取り扱っています。
カタログギフトは業界でも、競争が激化しており、年々ページ数が増えています。
今までは、掲載賞品が金額のわりに見劣りするという声を聞くこともありましたが、最近のカタログギフトの商品は、かなりレベルアップしているので、定価に応じた商品が掲載されるようになりました。

まず、カタログギフトのいいところは、贈り側が商品をなににするか悩まなくて済むということです。これは、特に時間がないときに重宝します。
仏事の引き出物などで、カタログギフトはよく使われるようになってきましたが、仏事の場合、あまりゆっくりと引き出物の商品を考えている余裕も時間もない為、カタログギフトの需要が増えてきたのだと思います。
次に、コンパクトで軽量なところです。
掲載商品の点数は豊富ですが、実際カタログギフトはB5版くらいのものが多いです。調味料のセットや、缶詰のセットのように重さがないので、持ち運びやすいですし、大きさも毛布やバスタオルセットのように大きくないのでかさ張ることがありません。遠方からのお客様にとって、大きな引き出物は、結構邪魔なものになってしまいます。特に結婚式では、こういった理由でカタログギフトが選ばれる例が多いです。

そして、なによりも、贈られた人が、自分で商品を選ぶことができること。
これがカタログギフトの最大のメリットなのかもしれません。
あまり、物がなかった時代ならまだしも、物が溢れている現在、どんな人にでも喜ばれる贈り物をあげるのは非常に難しいです。
お金に糸目をつけなければそんなプレゼントを贈ることも可能かもしれませんが、大抵、予算というものが存在します。
予算内で、誰でもよろこぶようなプレゼントを見つけるのは、まず無理でしょう。
一人、一人の好みにあった商品をそれぞれ個別に贈ることで、この問題は解決しますが、贈る人が多ければ多いほど、時間も労力も必要とされます。
そして、せっかく選んだのに、見当違いの商品で、贈られた側はあまり喜ばなかったなんて例も多々あります。
カタログギフトの場合は、自分が好きな商品を選んで注文するので、贈られた側に届くのは結果的に、自分の好きなものになります。
イベントの賞品などで、カタログギフトを使用する場合、こういった理由での需要が多いです。
結婚式から仏事、賞品、記念品など、どんなシーンでも贈り物として活躍するカタログギフトはまさに万能な贈り物だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*