カタログギフトの可能性

カタログギフトの可能性

人生の晴れの舞台である結婚式。
誰もがあこがれ、特別な日となるように心を配ります。
以前は、カタログギフトというものはありませんでしたので、結婚式の引き出物というと、いったい何が入っているのかと楽しみにしていたことを覚えていますし、主催側の気持ちや思いというものを、形にしたものだと受けとめていました。
この大きな袋の中にはいったい何が入っているのだろうかという楽しみや期待感を感じながらも、時には「趣味があまり好きではない」とか「これをもらっても…」と思うものをいただいたという思い出がある人もいるのではないでしょうか。
きっと、世の多くの人たちが同じような体験をし、同じような気持ちになったに違いありません。
「せっかくいただくなら、もっと違うもののほうがよかった」という思いをしたことがあれば、自分が引き出物を用意する側になった時、同じような気持ちを招待者にさせたくないと思っても不思議ではありません。
結婚式に参列いただいた感謝の気持ちを込めた記念の品を考える時に、そんな気持ちやニーズに応える形で生まれたのがカタログギフトではないでしょうか。
さまざまなジャンルから選ばれた商品を自宅に戻ってから欲しいものをゆっくり選ぶことが出来るので招待者一人ひとりに合せてのプレゼントと言えます。
また、式場から自宅へ戻る際の荷物としても軽くてコンパクトなので、かさばらないという利点もあります。
生鮮食品や大きなサイズの商品などは事前に用意して当日配るということが難しいためにカタログギフトでなければ届けることが出来ない品物ではないでしょうか。
また、宿泊券や募金といった「物」ではないものを届けることもできるという点では、商品として掲載されるものが増えていくかもしれません。
ただ、従来の引き出物のように主催側の気持ちを形にするといった点においてはカタログギフトだけをみると、ある程度、画一化されてしまっている感も否めません。
また、実際に手にとって見ることが出来ないためにサイズや質感などをリアルに感じることが難しいところもあります。
商品を用意する、カタログギフトを渡す、いずれも良い点も難しい点もありますが人生において大事な瞬間である結婚式の記念のものが参列者一人ひとりにとっても大切なものになってほしいと願う気持ちは昔も今も変わらないもののように思えます。
それゆえに、カタログギフトというジャンルもいかに主催側の気持ちを反映していくか、受取側が期待感を感じるものにしていけるか、さらなる可能性を秘めているもののように思えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*