オリジナルTシャツ

クラスTシャツやイベントでオリジナルTシャツを作ることが一般的になってきました。できることなら安く作りたい、と思う方は多いことでしょう。少しでも安くオリジナルTシャツを作る方法を考えてみましょう。まず、Tシャツのプリント方法の違いにより、価格は大きく異なります。昔ながらの技法である、シルクスクリーンプリントを採用しているところでは、割高になる傾向があります。シルクスクリーンプリントは、1色ごとに版を作ります。そのため使用する色が増えるほど、版代がかかり割高になるので、枚数が少ない場合には向かないかもしれません。それに対し、インクジェットプリントの場合は、版を作る必要はなく,1枚からでも低価格でオリジナルTシャツを作ることができます。何色使っても同じ価格ということで、フルカラーのイラストや写真のプリントなどに適しています。しかし、シルクスクリーンプリントに比べて、発色は劣ります。

オリジナルTシャツを作るにあたり気を付けるべきこと

価格面で気を付けるべき点は、見積もりでは激安だったのに、追加料金が発生してしまうお店があるということです。デザイン料・インク料・版代など別途必要な費用があるのかどうか、事前に確認しておく必要があります。自分の意向を伝え、求める仕上がりに対して、それに必要な工程とかかる費用を明確に提示してくれるお店だと安心です。デザインに関しては、オリジナルTシャツを発注するということになると、基本的には無地のTシャツに自分で考えたデザインをプリントするという形になります。デザインをうまく作れなく、考えたとしてもそのデザインが生地にイメージ通りに印刷できないといったこともあります。デザインに関して適切なアドバイスをもらえて、またはデザインを1から作ってくれるサービスがあると安心です。

オリジナルTシャツ作成を依頼するお店選び

あとは、自社工場を持っているかどうかも大事なポイントです。自社工場を持っているということは、デザインから納品まで、スムーズに作業が進み、また、出来あがりの状態が把握できているので、デザインやTシャツの素材選びも適格にアドバイスしてもらえます。仲介だけをするようなお店はさけて、自社工場をもったオリジナルTシャツ屋さんを選択するのがよいでしょう。それぞれのお店の公式サイトは、どれも安さを売りにしたものが多いので、判断の基準がよくわからなくなります。そういった場合、第三者の書き込んだ口コミを参考にするのがよいでしょう。実際に利用した方の感想は、お店選びの重要な参考になります。また、実績の多さもポイントです。実績は、信頼の厚さに比例します。信頼に値する実績があるかどうかも必ず確認しましょう。